n

古いiphone申請不可 マイナポイントとは?国の新しいポイント還元制度。ただし今回はweb初心者は厳しいかも…。web初心者はお早めに

2020年1月5日日曜日

t f B! P L
2020年6月に消費税ポイント還元が終わります。
ですが、政府は次の景気対策とマイナンバーカードの普及を目指し、新しいポイント還元をはじめます。

申請したら5,000ポイントもらえます

なんの申請も必要なかった消費税ポイント還元と違い、次なる施策の恩恵を受けるには能動的アクションが必要となっています。

では、どんな申請をすればポイント還元を受けられるのでしょうか?

それが…ケッコウ色々とつまづきポイントがありますので、悠長に構えていられないかもしれません。

現時点(2020年1月)での情報に基づいています。
最新の情報は総務省のサイトをご確認下さい。

今できるコト

開始は2020年9月から。7月申込開始(予定)

まだまだ先か…そう思った方、あなたがもしマイナンバーカードをまだお持ちでないのなら、申請には必ず、「マイナンバーカード」が必要です。

マイナンバーカードの交付には約1ヶ月を要します。
ポイント還元が始まる9月直前には恐らく、混み合うことが予想されますので、1ヶ月以上かかることでしょう。

ですので、先ずは「マイナンバーカード」を取得しましょう。

事前準備その1 マイナンバーカードを作ろう

お手元に紙製のマイナンバーの「通知カード」があるはずです。

もしも、紛失した場合は警察へ届け出をして、遺失物の受理番号を持って、お住まいの市区町村窓口で再発行の手続きを行なわなければなりません。

並大抵のお役所の発行物とは、重要度が違うのがわかります。

郵便申請(万人にオススメ)

個人番号カード交付申請書に必要事項を記入、押印、顔写真を貼り付け 
送信用封筒で送りましょう。

参照及び写真 

パソコン申請(多少web知識が必要)

デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存
オンライン申請用サイトへアクセスする。
メールアドレスを登録
申請書ID(半角数字23桁)を入力
メール連絡用氏名
メールアドレスを登録
顔写真を登録
登録されたメールアドレスに届くメールに、申請者専用webサイトurlが記載されているのでアクセスし、顔写真を登録
申請情報を登録
生年月日
電子証明書の発行希望有無
氏名の点字表記希望有無
申請完了
登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届き申請完了



スマホ申請(多少web知識が必要)

デジタルカメラで顔写真を撮影し、スマホに保存
※ 事前に撮影しなくても、顔写真登録時に撮影することもできます
交付申請書のQRコードを読み込み申請用webサイトにアクセス。
またはオンライン申請用サイトへアクセスする。
メールアドレスを登録
申請書ID(半角数字23桁)を入力※
メール連絡用氏名
メールアドレスを登録
※QRコードを読み込んだ場合、申請書IDは自動で入力されます。
顔写真を登録
登録されたメールアドレスに届くメールに、申請者専用webサイトurlが記載されているのでアクセスし、顔写真を登録
申請情報を登録
生年月日
電子証明書の発行希望有無
氏名の点字表記希望有無
申請完了
登録したメールアドレス宛に申請完了のメールが届き申請完了


証明写真機 申請(一番簡単。但し写真代が必要)

街中にある証明写真機の直接交付申請対応機であれば簡単に申請が出来ます

下記のマイナンバーのロゴマークが、対応機を探す目安のひとつになります(詳しくは下記参照)
イラスト引用 内閣府

タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択する
交付申請書のQRコードをバーコードリーダーに読み取らせる。
撮影
写真と申請内容を確認
受付証を受け取って完了

参考リンク 対応している証明写真機 


マイナンバーカードを受け取ろう

申請から約1ヶ月後ぐらいに、交付通知書(はがき)が届きます。

はがきが届いたら期限(交付通知書に記載)までに、本人が役所に受取りに行きましょう。

持っていくもの 

交付通知書(はがき)
通知カード(最初にきた紙製のカード)
本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

準備すること

受け取り時に暗証番号を4つ設定することを求められます。

①署名用電子証明書
(英数字6 文字以上 16 文字以下で設定。英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上が必要。)

②利用者証明用電子証明書
③住民基本台帳
④券面事項入力補助用
(②~④は数字4ケタで設定。同じ暗証番号を設定することも可。)

②は、次の作業に使います。

事前準備その2 マイキーIDを設定しよう

マイナポイントを利用するための専用のIDが「マイキーID」です。

設定にはパソコンか、スマホが必要です。
もしくは、各自治体でマイキーID登録窓口を用意している場合もあり、そちらへ出向いて設定することもできます。

お住まいの自治体が対応しているかはこちらからご確認下さい。

パソコン設定 編

準備
○パソコンを準備しましょう

○パソコンのOSは「windows7、8.1、10」であること

○ブラウザは「Internet Explorer11」が入っていること

○Chrome他は今のところ使えません

○MacのOSは使えません

○マイナンバーカードを読み取ることができるICカードリーダライタを購入しましょう。
   ※家電量販店で2.000円くらいで販売されています。詳しくは各店まで。
   ※対応機種はこちらでご確認下さい→公的個人認証サービス ポータルサイト

マイキープラットフォームへアクセスしましょう。
「マイキーID作成・登録準備ソフト」をダウンロードして、インストールします。
ICカードリーダライタをパソコンにセットアップしましょう。
ICカードリーダライタにマイナンバーカードを読み取らせましょう。
マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の暗証番号を入力しましょう。
マイキーID(8桁 半角大文字英数字)が自動で生成されます。
※後でお好きな英数字に変えられます。

スマホ設定 iPhone編

お持ちの iPhoneが「公的個人認証サービス」に対応しているか確認しましょう。
こちらから確認できます。→公的個人認証サービス ポータルサイト
App Storeから「マイナポイント」アプリをインストールしましょう。
「マイナポイント」のアプリを起動しましょう。
「マイキーIDの発行」をタップ
マイナンバーカードをスマホで読み取らせましょう。
マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の暗証番号を入力しましょう。
マイキーID(8桁 半角大文字英数字)が自動で生成されます。
※後でお好きな英数字に変えられます。

スマホ設定 Android編

お持ちの Androidが「公的個人認証サービス」に対応しているか確認しましょう。
こちらから確認できます。→公的個人認証サービス ポータルサイト
Google Playから「マイナポイント」と「JPKI利用者ソフト」アプリをインストールしましょう。
「マイナポイント」のアプリを起動しましょう。
「マイキーIDの発行」をタップ
マイナンバーカードをスマホで読み取らせましょう。
マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の暗証番号を入力しましょう。
マイキーID(8桁 半角大文字英数字)が自動で生成されます。
※後でお好きな英数字に変えられます。


お疲れ様でした…。

はたして、何人がカードリーダを持っているのか?
仮に2.000円で購入したとして、実質3.000円にポイントが減るんだが。

Macはダメ。iPhoneも古いのはダメ。
Androidも機種選ぶ。

PCもスマホも、なにがなんやらの人はどうなるのか?

―――自分のところの自治体がマイキーID登録窓口を用意してくれてたらいいなぁ…。

QooQ